オンライン対話学習で

ろう・難聴児の

  ことばの学びを

  止めない。

新型コロナの影響で、コミュニケーション機会が減少している
ろう・難聴児に双方向型​オンライン授業を届けるプロジェクト
2020年8月〜2021年7月まで​
​オンライン授業無償提供
時給1,400円の在宅ワーク
運営や教材開発を応援
 \ シェアで応援する  

コロナで人とお話しすることが

減ってしまったろう・難聴児へ

コロナ禍における「新しい生活様式」の普及によって生活にマスクは必需品となりました。この「口が見えない」マスクをほぼ全ての人が着用することによって、話しかけられていることにも気づくことができず、先生やお友達とのコミュニケーションが取りにくい状況になった子どもたちがいます。

そんな状況にある、ろう児・難聴児の特に「ことば」の獲得期にあり、コロナによって「わかる!」コミュニケーションが減少してしまったお子様のいるご家庭へ「ことばの学びを止めない」ために、オンライン授業の無償提供を行います。

これまでのオンライン授業の取り組み

NPO法人Silent Voice(サイレントボイス)は、これまでもオンライン授業の提供を行ってきました。コロナ渦中においては5月末までの休校期間にろう者・難聴者・聴者の「先生」約30名が、日本全国の約60名のろう・難聴児の「生徒」へ向けて、それぞれ週2~3回のオンライン授業の無償提供を行いました。

​これまでの無償提供授業数

授業満足度

750回以上

94.8%が満足

継続を希望するか

94.7%が継続を希望

ご利用について

対象児童

・聴覚障害のある児童

​・6歳〜10歳くらいまでの児童

※ろう児・難聴児を問いません。

​※手話ができることは必須ではありません。

※ことばの獲得に対する課題感が高い場合

​対象年齢外でも無償提供を行う場合があります。

ご利用料

ことば獲得を目的とした授業

2021年7月31日まで無償提供

※ことば獲得支援以外の、学校の教科指導などは有償提供を行っている授業もございます。

※無償提供は、これまでNPO法人Silent Voiceへ集まった寄付金を先生の授業報酬に充てております。

選考の方法

安定した供給のために

無償提供でのご利用開始には

選考があります

以下の項目で事務局で選考を行います。

・新型コロナの影響が甚大と認められる場合

・家庭や学校を含めた地域における教育の選択肢や話し相手が少ない場合

​・ことば獲得に対する課題感が高い場合

​なお、落選となった場合のお問い合わせ等は受け付けておりませんので予めご了承ください。

「ことば獲得支援」授業の特徴

お子様のコミュニケーション手段に応じた先生とのマッチング

音声

対応手話

​日本手話

ことばを覚えるのではなく「使う、慣れる」対話学習

専門家が監修した対話を促す「みて学ぶ教材」を12ヶ月分用意

テーマを探索することで語彙力を増やしていく

言葉の語彙というのは世界を知るためのきっかけ、ヒントになるものだと思います。本プロジェクトが展開する「ことばの教材」では、自分の世界を対話を通して広げていくように、会話を通して子どもたち自身の辞書が広がっていく学習教材を作成しています。

手話と国語とイメージと

本プロジェクトでは手話、ことば、絵、など様々な角度から一つの概念を伝えていきます。ことばに対するイメージがわかない子どもでも、対話を通して一緒にその概念を獲得していく方法を作っていくことで、"わかる"を作り出していきます。

相互のコミュニケーションから思考力を鍛える

本プロジェクトでは、単なることばの教材ではなく、なぜ?どうして?といった思考力を鍛えていく方法で学んでいきます。「朝顔」に対して、対話を通して、色は?匂いは?いつ頃咲く?みたときにどんな気持ちになる?など、多角的に考えていくことで、ものごとに対する表現力と語彙を広げていきます。

オンライン授業に必要なもの

(先生 / 生徒 共通)

インターネット環境

インターネット環境の詳細はZoomの公式サイトをご確認ください。

WEBカメラパソコン

動作環境の詳細はZoomの公式サイトをご確認ください。

​スマホ/タブレットでのご利用はできません。

LINEアカウント

授業予約の調整、その他連絡事項等はLINE公式アカウントを使用いたします。個人のLINEアカウントを先生/生徒間で交換する必要はありません。

先生になりたい

ろう・難聴児に楽しくて有意義な

​対話の時間を届ける先生を募集しています。

以下の要項で、先生を募集しております。

​新型コロナ影響下において、心ある先生の応募をお待ちしております。

・手話等の情報保障ができる(自由に会話できるレベル)

・ろう児、難聴児への教育の場での関わりがある

​・週2回以上平日午後に指導ができる

1コマ50分で時給1400円の報酬をお支払いたします。

​契約条件の詳細は申し込みフォームの約款をご確認ください

フォームより応募

オンライン面接

オンライン研修

指導開始

サポーター

公益財団法人日本財団 様

これまでのメディア掲載(一部)

NHK「ろうを生きる難聴を生きる」

NHK「おはよう関西」

​日本テレビ「the SOCIAL」(クリックで閲覧)

毎日放送「VOICE」

​朝日放送 ドキュメンタリー

読売新聞​ 毎日新聞 産経新聞

致知「致知随想」

TEDxKOBE(クリックで閲覧)

another life.(クリックで閲覧)

WORMO by KOKUYO(クリックで閲覧)

 

単発寄付で応援する

​今回のご寄付はコロナ影響下におけるろう難聴児への支援金として、オンライン授業の無償提供における先生への謝礼の補填、教材の拡充に充てさせて頂きます。

クレジットカードでのご支援はこちらから

※決裁ページが正しく表示されない方は、銀行振込にてご支援いただけますと幸いです。

任意金額ご寄付の場合、金額を入力
※クレジットカードがお使い頂けます。
​※クレジットカード決済会社「アナザーレーン」のシステムを利用しています。
​※ボタンを押すとアナザーレーンの決済画面に移行します。

事務局/運営団体について

Copyright© 2020- Silent Voice. All Rights Reserved.